インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!

いくら運動してもインナーマッスル腹筋を鍛えなければウエストは細くなりません。楽して腹筋を割る方法を詳しく解説します。

新着記事

筋トレのインターバルは目的によって違う

筋トレの目的は大きく「最大筋力・筋肥大・筋持久力・筋パワー」の4つに分けられます。そして筋トレのセット間のインターバルは、それぞれの目的ごとに変えなければなりません。筋トレのセット間のインター[…続きを読む]

筋トレメニューは目的によって違う

じつは筋トレメニューは、目的によって変えなければなりません。「最大筋力・筋肥大・筋持久力・筋パワー」という筋トレの目的によって、負荷と回数を変える必要があるのです。それぞれの目的に合った筋トレ[…続きを読む]

筋トレ効果で表れる筋肉の4つの変化

筋トレ効果によって表れる筋肉の変化は、大きく4つに分けられます。「最大筋力・筋肥大・筋持久力・筋パワー」です。1つの筋トレで4つの変化すべては手に入れられません。4つのうちの1つの変化だけが得[…続きを読む]

お腹ぽっこりは「正しい姿勢」で解消

お腹がぽっこり出ているのは、ふだんの姿勢が悪いことが原因です。逆にいえば日常的に「正しい姿勢」を心がけるだけでお腹ぽっこりは解消できるということ。なぜ悪い姿勢を続けるとお腹ぽっこりになるかを見[…続きを読む]

糖質制限レシピなら女性も無理なくダイエット

ご飯やパンなどの糖質を食べない「糖質制限ダイエット」は、じつは女性の成功率が低いという傾向があります。そこには筋肉量が少ないなど男女差があるからです。そこで、そんな男女差をも克服する、女性が無[…続きを読む]

お腹痩せマッサージは運動前後のストレッチ時

筋トレもジョギングもやっているのにお腹がなかなか痩せない人は、腸の機能低下に問題がある可能性があります。腸が機能低下してお腹が痩せにくい状態かもしれません。そこで、ダイエット効果をアップするた[…続きを読む]



脚やせ運動ならインターバル速歩

誰でも簡単に効率的にできる脚やせ運動があります。それが「インターバル速歩トレーニング」です。この脚やせ運動はたった3分の速歩を行うだけ。それを1週間で合計60分になるように続けるものです。見事[…続きを読む]

1日1食ダイエットで南雲吉則は15キロ減

カリスマドクターである南雲吉則医師は「1日1食ダイエット」によって15キロの減量に成功した張本人。しかもダイエットによって驚きの若返りも成功させました。そんな南雲医師が1日1食ダイエットをさら[…続きを読む]

ダイエットのカロリー制限は「引く」発想

ダイエットのカロリー制限といえば、満足に食べられないイメージがあります。ところが、そんなことを気にせずにできる画期的なカロリー制限があったのです。それはカロリーを「足す」のではなく、ふだんの食[…続きを読む]

糖質制限食vs.カロリー制限食

摂取するカロリー総量を制限する「カロリー制限食」と、炭水化物の主成分である糖質の摂取を制限する「糖質制限食」との間では、そのダイエット効果の是非を巡る論争が続いています。とくに、糖質制限は糖尿[…続きを読む]

おすすめ記事

ちょいアレンジしたスクワットで筋トレダイエット

筋トレといえば「スクワット」。じつは「インナーマッスル」を鍛えられるだけでなく、ダイエットにも効くスクワットの方法があります。いわゆるスクワットは足を軽く開いて体を前傾させ、ひざを深く曲げて行[…続きを読む]

ドローイン効果だけでは腹筋は割れない

お腹をへこませるのに絶大な効果を発揮するドローイン。このドローインをひたすら続ける効果だけで、腹筋を割ることはできるのでしょうか? 残念ながら答えは「No」です。ドローインの効果で鍛えられる腹[…続きを読む]

腕立て伏せやスクワットは筋トレ効果が低かった

腕立て伏せやスクワットは一般的によく知られている筋トレです。しかし、どちらも効率的な筋トレではありません。というのも、複数の関節を動かさなければならないからです。動かす関節が増えれば、それだけ[…続きを読む]

シックスパックができる体脂肪率はどれくらい?

腹筋運動をすればシックスパックができるわけではありません。そもそも、腹筋はもともとシックスパックの形状をしているもの。その上に乗った皮下脂肪を落とさなければなりません。すなわち、シックスパック[…続きを読む]

たった5秒でお腹が引き締まる腹筋の鍛え方とは

お腹まわりを引き締める5秒間の腹筋の鍛え方を紹介しましょう。腹筋を鍛えるときは寝て行うメニューが多いですが、この腹筋の鍛え方は立ったまま行います。しかも、腹筋をトレーニングする時間はたったの5[…続きを読む]