インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!

いくら運動してもインナーマッスル腹筋を鍛えなければウエストは細くなりません。楽して腹筋を割る方法を詳しく解説します。

新着記事

鼻うがいのやり方は入口を洗うだけで十分だった

そんな鼻づまりを予防するために効果的なのが「鼻うがい」です。とはいえ、鼻うがいのやり方にはつらいイメージが付きまといます。しかし、鼻うがいのやり方は入口を洗うだけで十分。奥まで鼻うがいする必要[…続きを読む]

子供の鼻づまりは発達障害の原因となるので注意

鼻づまりの弊害のひとつに睡眠の質の低下があります。鼻づまりでいわゆる熟睡できない状態となるのです。熟睡できないとさまざまな弊害が出ますが、とくに子供には熟睡がすごく大切になります。子供の鼻づま[…続きを読む]

汗が臭いときはジョギングで汗腺トレーニング

汗が臭いときはジョギングで汗腺トレーニングするのがおすすめです。じつは、汗には「よい汗」と「悪い汗」があります。冷暖房完備の生活に慣れてしまった現代人は、塩分を多く含む悪い汗をかくケースがほと[…続きを読む]

鼻づまりの原因が鼻をかんでも解消しない理由

そもそも鼻づまりの原因は何なのでしょう? 街頭アンケートをしてみると、6割以上が鼻水やごみと答えていました。しかし、いつも左側が鼻づまりという人の鼻の穴の中を見てみると、そこには鼻水も何もあり[…続きを読む]

汗が臭いのではなく「古い汗が臭くなる」が正解

本来は汗は無臭です。このため、汗が臭いというのは間違い。汗が臭いのではなく「古い汗が臭くなる」が正解です。古くなった汗で細菌が繁殖し、それが臭いの原因となるのでした。足の臭いもこれと同じ。足の[…続きを読む]

ペットボトルで鼻づまりを一時的に解消する方法

鼻づまりは誰にとってもつらいもの。呼吸が苦しくなるうえ集中力も低下します。そこで、ペットボトルで鼻づまりを一時的に解消する方法を紹介しましょう。そもそも鼻づまりの原因は鼻の粘膜の腫れ。腫れが引[…続きを読む]



立ちくらみのめまいをその場で持ちこたえる方法

いま働き盛り世代に、立ちくらみのめまいで悩む人が増えています。そこで、立ちくらみのめましをその場で持ちこたえる方法を紹介しましょう。また、立ちくらみのめまいに悩んでいるなら、血管迷走神経性失神[…続きを読む]

筋肉ムキムキと体が硬いことはイコールではない

筋肉が発達して筋肉ムキムキになると、体が硬くなるイメージがあります。実際、筋肉ムキムキだと関節の動きが悪くなるというのが、これまでのスポーツの常識でした。しかし、これはまったくの誤解です。筋肉[…続きを読む]

点鼻薬で鼻づまりの原因が解消するメカニズム

点鼻薬は一瞬で鼻づまりが解消するため、花粉症の時期は手放せないという人もいるでしょう。そもそも鼻づまりの原因は、鼻甲介と呼ばれる鼻の中の粘膜が腫れることによるもの。この鼻甲介の腫れを解消してく[…続きを読む]

モテる体型になる筋トレは上半身は腕立てで十分

上半身の筋トレで目指すべきは逆三角形のモテる体型。それには胸の大胸筋と肩の三角筋がポイントになります。この2つを一気に鍛えられるのが腕立て伏せです。とはいえ、腕立て伏せは誰もが知っているメニュ[…続きを読む]

おすすめ記事

ちょいアレンジしたスクワットで筋トレダイエット

筋トレといえば「スクワット」。じつは「インナーマッスル」を鍛えられるだけでなく、ダイエットにも効くスクワットの方法があります。いわゆるスクワットは足を軽く開いて体を前傾させ、ひざを深く曲げて行[…続きを読む]

ドローイン効果だけでは腹筋は割れない

お腹をへこませるのに絶大な効果を発揮するドローイン。このドローインをひたすら続ける効果だけで、腹筋を割ることはできるのでしょうか? 残念ながら答えは「No」です。ドローインの効果で鍛えられる腹[…続きを読む]

腕立て伏せやスクワットは筋トレ効果が低かった

腕立て伏せやスクワットは一般的によく知られている筋トレです。しかし、どちらも効率的な筋トレではありません。というのも、複数の関節を動かさなければならないからです。動かす関節が増えれば、それだけ[…続きを読む]

シックスパックができる体脂肪率はどれくらい?

腹筋運動をすればシックスパックができるわけではありません。そもそも、腹筋はもともとシックスパックの形状をしているもの。その上に乗った皮下脂肪を落とさなければなりません。すなわち、シックスパック[…続きを読む]

たった5秒でお腹が引き締まる腹筋の鍛え方とは

お腹まわりを引き締める5秒間の腹筋の鍛え方を紹介しましょう。腹筋を鍛えるときは寝て行うメニューが多いですが、この腹筋の鍛え方は立ったまま行います。しかも、腹筋をトレーニングする時間はたったの5[…続きを読む]