インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!

いくら運動してもインナーマッスル腹筋を鍛えなければウエストは細くなりません。楽して腹筋を割る方法を詳しく解説します。

新着記事

筋トレ効果を高めるウォーミングアップ

筋トレを安全で効果的に行うためには、自律神経の交感神経が優位や状態にあることが必要です。筋トレ前は副交感神経が優位な状態。このためウォーミングアップすることで交感神経を優位にする必要があるので[…続きを読む]

プロテインに筋肉の増量効果があるわけではない

そもそもプロテインとは英語の「protein」。日本語に訳すと「タンパク質」のことです。一般的にプロテインと呼ばれるのは、タンパク質を主体とした粉状の栄養補助食品を指しています。正しくはプロテ[…続きを読む]

体重を減らすなら1週間で体重の1%まで

「1週間でマイナス5kg」「1か月で15kgダイエット」など、世の中にはさまざまなダイエット法が宣伝されています。しかし、体重を減らすペースが速いと脂肪とともに筋肉のタンパク質も分解され、筋肉[…続きを読む]

有酸素運動の効果は「形態・機能・健康」の3つ

有酸素運動とは、呼吸で生まれるエネルギーによって長時間続けることができる動きのこと。ジョギングやウォーキングがよく知られているところです。この有酸素運動の効果には「形態・機能・健康」の3つの側[…続きを読む]

骨盤枕ダイエットを家のバスタオルで実践

「骨盤枕ダイエット」は専用の骨盤枕を5分間、腰に敷いて寝るだけ。手は小指同士、足は親指同士をくっ付けるポーズにダイエット効果の秘密があります。骨盤枕ダイエットは一般的には専用の細長い枕を使用し[…続きを読む]

有酸素運動とはいつまでも続けられる動きのこと

有酸素運動とは、酸素を使って作り出したエネルギーを利用する動きのこと。息を止めてできる動きが無酸素運動で、有酸素運動とは呼吸しないとできな動き…というは大きな間違い。もっとわかりやすくいえば、[…続きを読む]



体幹を鍛えるときに意識すべき4つの重要な骨格

体幹を鍛えるときに意識すべき骨格は、体のセンターラインにある「脊柱」と、その土台となる「骨盤」。加えて、2つの大きな球関節である「肩関節」と「股関節」です。これらの骨格が連動することではじめて[…続きを読む]

サウナスーツがダイエットには不向きな理由

短期決戦のダイエットでサウナスーツを利用する人も多いでしょう。たしかにボクシングの試合前の減量のイメージもあって、効率的にダイエットできそうなイメージがあります。しかし、サウナスーツはダイエッ[…続きを読む]

食べたいものを我慢せずに内臓脂肪を減らす方法

同じ肥満にも健康なデブと不健康なデブがあるのをご存じですか? その指標となるのが内臓脂肪です。内臓脂肪が100平方センチ以上の場合は問題アリとなります。そこで、食べたいものを我慢せずに内臓脂肪[…続きを読む]

カレーでダイエットするならマトンとほうれん草

カレーはそもそもダイエットには効果的な食べ物です。カレーに含まれているカプサイシンはアドレナリンを分泌させるもの。アドレナリンが脂肪を分解してくれます。そして、ダイエットにオススメなカレーの具[…続きを読む]

おすすめ記事

ちょいアレンジしたスクワットで筋トレダイエット

筋トレといえば「スクワット」。じつは「インナーマッスル」を鍛えられるだけでなく、ダイエットにも効くスクワットの方法があります。いわゆるスクワットは足を軽く開いて体を前傾させ、ひざを深く曲げて行[…続きを読む]

ドローイン効果だけでは腹筋は割れない

お腹をへこませるのに絶大な効果を発揮するドローイン。このドローインをひたすら続ける効果だけで、腹筋を割ることはできるのでしょうか? 残念ながら答えは「No」です。ドローインの効果で鍛えられる腹[…続きを読む]

腕立て伏せやスクワットは筋トレ効果が低かった

腕立て伏せやスクワットは一般的によく知られている筋トレです。しかし、どちらも効率的な筋トレではありません。というのも、複数の関節を動かさなければならないからです。動かす関節が増えれば、それだけ[…続きを読む]

シックスパックができる体脂肪率はどれくらい?

腹筋運動をすればシックスパックができるわけではありません。そもそも、腹筋はもともとシックスパックの形状をしているもの。その上に乗った皮下脂肪を落とさなければなりません。すなわち、シックスパック[…続きを読む]

たった5秒でお腹が引き締まる腹筋の鍛え方とは

お腹まわりを引き締める5秒間の腹筋の鍛え方を紹介しましょう。腹筋を鍛えるときは寝て行うメニューが多いですが、この腹筋の鍛え方は立ったまま行います。しかも、腹筋をトレーニングする時間はたったの5[…続きを読む]