インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!

いくら運動してもインナーマッスル腹筋を鍛えなければウエストは細くなりません。楽して腹筋を割る方法を詳しく解説します。

新着記事

絶食ダイエットは絶食中ではなく絶食後が大切

絶食ダイエットと聞くと、いかに空腹をしのぐかなど「絶食中」に目が行きがち。しかし、絶食ダイエットのポイントは絶食後のプロセスにあります。いったん大きく減らした食事量をゆっくり回復させて、元より[…続きを読む]

正しいスクワットが腰痛改善に効果がある理由

正しいスクワットは太ももだけでなく体幹を鍛えられます。体幹を鍛えることは背骨の負担を軽くするため腰痛改善に効果大。しかも、股関節の動きをスムーズにすることで腰の負担を軽くする効果も期待できます[…続きを読む]

お尻の筋肉をストレッチして腰痛を改善する方法

腰痛に悩む人の共通点が「お尻の筋肉のコリ」です。お尻の筋肉が硬いと連動して動く股関節の動きに障害が発生。腰にかかる負担が大きくなって腰痛となるのです。つまり、腰痛改善のカギはお尻の筋肉が握って[…続きを読む]

食後の運動は肥満ホルモンの分泌を抑えてくれる

食後の運動は肥満ホルモンの分泌を抑えてくれます。というのも、食事をすると血糖値の上昇を抑えるために、肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンが分泌されるもの。ところが食後30以内に運動すると血糖値の[…続きを読む]

巻き肩が原因で腰痛に!?“隠れ巻き肩”に注意

両肩が内側に向いた状態が巻き肩。猫背にようになる巻き肩はよく知られていますが、じつは一見姿勢がよくてもじつは肩が内側に向いている“隠れ巻き肩”が存在します。巻き肩は肩こりや首こりの原因として知[…続きを読む]

僧帽筋ストレッチで肩こり・首こりを解消する

肩こりや首こりで硬くなりやすい筋肉が僧帽筋。僧帽筋は肩甲骨を動かす筋肉で可動域が大きい一方で、デスクワークで一定の姿勢を強いられると硬くなりやすいのです。このため、ふだんから僧帽筋をストレッチ[…続きを読む]



首のストレッチが頭痛を悪化させることもある

頭痛は対処法を間違えると、かえって悪化させてしまうことがあります。「頚性頭痛」はその典型例。首のストレッチをすると、かえって頭痛の症状が悪化するのです。首のストレッチで頭痛が悪化してしまうとい[…続きを読む]

ドライマウスを防止するお口のトレーニング

睡眠中に口が開いてしまう唾液蒸発型のドライマウスが増えています。放っておくと歯周病や口臭、口腔カンジダ症になってしまいます。さらには、誤性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こすこともあるのです[…続きを読む]

カーボローディングは膵臓に負担がかかって危険

マラソンやトライアスロンのレースに備えて、カーボローディングをしている人は少なくありません。カーボローディングとは、体内にグリコーゲンとして糖質を多めに貯めるコンディション術。ただし、膵臓にか[…続きを読む]

食後の運動は血糖値を下げて肥満を防いでくれる

「食べてすぐ横になると牛になる」ということわざがあるとおり、食後の運動は肥満防止に効果があります。食後に激しい運動はできませんが、その場での足踏みや階段の上り下りでも十分に効果的。食後の運動が[…続きを読む]

おすすめ記事

ちょいアレンジしたスクワットで筋トレダイエット

筋トレといえば「スクワット」。じつは「インナーマッスル」を鍛えられるだけでなく、ダイエットにも効くスクワットの方法があります。いわゆるスクワットは足を軽く開いて体を前傾させ、ひざを深く曲げて行[…続きを読む]

ドローイン効果だけでは腹筋は割れない

お腹をへこませるのに絶大な効果を発揮するドローイン。このドローインをひたすら続ける効果だけで、腹筋を割ることはできるのでしょうか? 残念ながら答えは「No」です。ドローインの効果で鍛えられる腹[…続きを読む]

腕立て伏せやスクワットは筋トレ効果が低かった

腕立て伏せやスクワットは一般的によく知られている筋トレです。しかし、どちらも効率的な筋トレではありません。というのも、複数の関節を動かさなければならないからです。動かす関節が増えれば、それだけ[…続きを読む]

シックスパックができる体脂肪率はどれくらい?

腹筋運動をすればシックスパックができるわけではありません。そもそも、腹筋はもともとシックスパックの形状をしているもの。その上に乗った皮下脂肪を落とさなければなりません。すなわち、シックスパック[…続きを読む]

たった5秒でお腹が引き締まる腹筋の鍛え方とは

お腹まわりを引き締める5秒間の腹筋の鍛え方を紹介しましょう。腹筋を鍛えるときは寝て行うメニューが多いですが、この腹筋の鍛え方は立ったまま行います。しかも、腹筋をトレーニングする時間はたったの5[…続きを読む]