インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!

いくら運動してもインナーマッスル腹筋を鍛えなければウエストは細くなりません。楽して腹筋を割る方法を詳しく解説します。

新着記事

首のストレッチが頭痛を悪化させることもある

頭痛は対処法を間違えると、かえって悪化させてしまうことがあります。「頚性頭痛」はその典型例。首のストレッチをすると、かえって頭痛の症状が悪化するのです。首のストレッチで頭痛が悪化してしまうとい[…続きを読む]

ドライマウスを防止するお口のトレーニング

睡眠中に口が開いてしまう唾液蒸発型のドライマウスが増えています。放っておくと歯周病や口臭、口腔カンジダ症になってしまいます。さらには、誤性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こすこともあるのです[…続きを読む]

カーボローディングは膵臓に負担がかかって危険

マラソンやトライアスロンのレースに備えて、カーボローディングをしている人は少なくありません。カーボローディングとは、体内にグリコーゲンとして糖質を多めに貯めるコンディション術。ただし、膵臓にか[…続きを読む]

食後の運動は血糖値を下げて肥満を防いでくれる

「食べてすぐ横になると牛になる」ということわざがあるとおり、食後の運動は肥満防止に効果があります。食後に激しい運動はできませんが、その場での足踏みや階段の上り下りでも十分に効果的。食後の運動が[…続きを読む]

腰痛改善でインナーマッスルを強化する方法2つ

腰痛改善にインナーマッスル強化は効果的です。とくに骨格のない腹部のインナーマッスルが衰えると悪い姿勢を誘発。腰痛の原因となるのです。そんなインナーマッスル強化には2つのアプローチがあります。ス[…続きを読む]

スポーツ心臓は一般人の2倍も心臓が大きくなる

マラソンや自転車のスポーツ選手は、心臓が一般の2倍近くも大きくなることがあります。これはスポーツ心臓と呼ばれる現象です。心臓が大きくなることで送り出す血液量がアップするため、安静時は少ない脈拍[…続きを読む]



片方だけの鼻づまりは虫歯が原因かもしれない

片方だけ鼻づまりには、とんでもない病気が隠れていることがあります。それが歯性上顎洞炎という病気。なんと虫歯菌が副鼻腔に入ってしまって化膿してしまうものです。しかも、片方だけの鼻づまりの原因とな[…続きを読む]

鼻づまり解消には何の成分を含む風邪薬が効く?

鼻づまりを解消したいとき、どんな成分を含んだ風邪薬を選べばよいのでしょう? 鼻づまり解消に効くのは「マレイン酸クロルフェニラミン」と「塩酸ジフェンヒドラミン」という成分。漢方薬であれば「麻黄湯[…続きを読む]

薬を食後に飲むなら食べ終えた30分後が正解

薬を食後に飲むなら食べ終えた30分後が正解。薬を食後すぐに飲むのは大間違いです。胃の中でペースト状となってしまい、薬の吸収を妨げられてしまいます。だからこその30分後なのです。薬を食後や食前に[…続きを読む]

仙腸関節の可動域を判別&矯正して腰痛を解消

腰痛の原因は上半身と下半身をつなぐ仙腸関節の機能障害に原因があります。そこで、仙腸関節の可動域を調べて機能障害があるかを判別する方法と、機能障害に陥った仙腸関節を正常な状態に矯正する方法を紹介[…続きを読む]

おすすめ記事

ちょいアレンジしたスクワットで筋トレダイエット

筋トレといえば「スクワット」。じつは「インナーマッスル」を鍛えられるだけでなく、ダイエットにも効くスクワットの方法があります。いわゆるスクワットは足を軽く開いて体を前傾させ、ひざを深く曲げて行[…続きを読む]

ドローイン効果だけでは腹筋は割れない

お腹をへこませるのに絶大な効果を発揮するドローイン。このドローインをひたすら続ける効果だけで、腹筋を割ることはできるのでしょうか? 残念ながら答えは「No」です。ドローインの効果で鍛えられる腹[…続きを読む]

腕立て伏せやスクワットは筋トレ効果が低かった

腕立て伏せやスクワットは一般的によく知られている筋トレです。しかし、どちらも効率的な筋トレではありません。というのも、複数の関節を動かさなければならないからです。動かす関節が増えれば、それだけ[…続きを読む]

シックスパックができる体脂肪率はどれくらい?

腹筋運動をすればシックスパックができるわけではありません。そもそも、腹筋はもともとシックスパックの形状をしているもの。その上に乗った皮下脂肪を落とさなければなりません。すなわち、シックスパック[…続きを読む]

たった5秒でお腹が引き締まる腹筋の鍛え方とは

お腹まわりを引き締める5秒間の腹筋の鍛え方を紹介しましょう。腹筋を鍛えるときは寝て行うメニューが多いですが、この腹筋の鍛え方は立ったまま行います。しかも、腹筋をトレーニングする時間はたったの5[…続きを読む]