インナーマッスル腹筋でシェイプアップ!!

いくら運動してもインナーマッスル腹筋を鍛えなければウエストは細くなりません。楽して腹筋を割る方法を詳しく解説します。

新着記事

食後に胃もたれするときは「右を下」で横になる

胃もたれや胸やけなどの胃の不調を抱えている人は多いもの。厚生労働省の調査では、20代以上の5人に1人、50代以上の3人に1人が胃の不調を抱えているといいます。もし食後に胃もたれして横になるなら[…続きを読む]

短期間で痩せると糖尿病を引き起こす危険がある

短期間で痩せるダイエットが引き起こす脂肪肝。放っておくとさらに厄介なことがおこってしまいます。短期間で痩せると糖尿病を引き起こす危険があるのです。そこで、健康な肝臓の人と脂肪肝の人に通常のお昼[…続きを読む]

カレーライスのご飯を長芋に替えてムチンを摂る

ムチンは腸内環境をよくして免疫力をアップさせる成分。ふだんから積極的に摂るのがおすすめです。そんなムチンをたっぷり撮る方法が、カレーライスのご飯を長芋に替えるレシピ。ムチンは長芋にたっぷり含ま[…続きを読む]

がん予防効果で世界的に注目されるアホエンとは

がん予防効果で世界的に注目されている物質が「アホエン」です。アホエンはにんにくに多く含まれるものですが、一般的な調理法ではあまり生成されません。アホエンを効率よく生成させるポイントは、低温でゆ[…続きを読む]

免疫力アップ成分「ムチン」手軽に摂る方法とは

いわゆるネバネバ食材は健康によいとされているのはご存じのとおり。その秘密は免疫力をアップさせる健康成分「ムチン」にあります。そんなムチンを手軽に摂る方法を紹介しましょう。小麦粉の代わりに長芋を[…続きを読む]

毛細血管が減ると病気になるリスクが高くなる

毛細血管が減ると、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなります。それは高血圧になりやすいからです。これは最新研究で明らかになってきた新事実です。このほか、毛細血管の減少でアルツハイマー型認知症のリス[…続きを読む]



視床のダメージで悪化する偏頭痛は予防薬が効く

偏頭痛の治療に予防薬という新しい概念が取り入れられています。じつは偏頭痛で脳の視床がダメージを受けると、雪だるま式に偏頭痛がどんどん悪化してしまうケースがあるのです。そんな偏頭痛の治療に効果を[…続きを読む]

腰痛の人は寝方が悪かった!原因は腰以外にある

じつは腰痛になる人は寝方に問題があります。寝返りをあまり打たずに同じ姿勢を続ける寝方のために、腰まわりの血流が悪化。結果的に腰痛がおこるのでした。しかも、寝返りをあまり打たない寝方の原因は、じ[…続きを読む]

腹部の違和感は膵臓の働きが弱まる慢性膵炎かも

慢性膵炎は、腹や背中の痛みを繰り返し、膵臓の働きがゆっくりと弱まっていく病気です。慢性膵炎患者は7万人といわれますが、実際にはもっと多いと見られています。腹部の違和感はもしかしたら、膵臓の働き[…続きを読む]

コーヒーの健康効果で心臓病死リスクが減る理由

じつはいま、世界中でコーヒーの健康効果が注目されています。コーヒーにがん、糖尿病、肥満、さらには動脈硬化を予防する効果があることがわかってきました。なんとコーヒーを1日3~4杯飲む人は、心臓病[…続きを読む]

おすすめ記事

ちょいアレンジしたスクワットで筋トレダイエット

筋トレといえば「スクワット」。じつは「インナーマッスル」を鍛えられるだけでなく、ダイエットにも効くスクワットの方法があります。いわゆるスクワットは足を軽く開いて体を前傾させ、ひざを深く曲げて行[…続きを読む]

ドローイン効果だけでは腹筋は割れない

お腹をへこませるのに絶大な効果を発揮するドローイン。このドローインをひたすら続ける効果だけで、腹筋を割ることはできるのでしょうか? 残念ながら答えは「No」です。ドローインの効果で鍛えられる腹[…続きを読む]

腕立て伏せやスクワットは筋トレ効果が低かった

腕立て伏せやスクワットは一般的によく知られている筋トレです。しかし、どちらも効率的な筋トレではありません。というのも、複数の関節を動かさなければならないからです。動かす関節が増えれば、それだけ[…続きを読む]

シックスパックができる体脂肪率はどれくらい?

腹筋運動をすればシックスパックができるわけではありません。そもそも、腹筋はもともとシックスパックの形状をしているもの。その上に乗った皮下脂肪を落とさなければなりません。すなわち、シックスパック[…続きを読む]

たった5秒でお腹が引き締まる腹筋の鍛え方とは

お腹まわりを引き締める5秒間の腹筋の鍛え方を紹介しましょう。腹筋を鍛えるときは寝て行うメニューが多いですが、この腹筋の鍛え方は立ったまま行います。しかも、腹筋をトレーニングする時間はたったの5[…続きを読む]